ナッシーの語源帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 語源 【折檻 (せっかん) 】

<<   作成日時 : 2017/08/06 11:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

病院に連れてこられた 3 歳の幼児を診察した医者は,幼児の体のあちこちにできているアザをみて,親に折檻されている可能性を考えて警察に通報した。

子どもに折檻しているのではないかと近所の人からの通報で,児童相談所の職員がその家を訪問したが,両親の 「折檻などしていない」 のひと言で,子どもに会うこともしないで引き下がってしまうというのは,職務の怠慢である。


現在の 「折檻 (せっかん) 」 は,上の例のように,親などが子どもを,一般的な養育やしつけの方法の範疇を大きく超える方法で,子どもに身体的,精神的な苦痛を与えることを言います。

例えば,暴力によって子どもに身体的な損傷を負わせるとか,飲食物を長期間にわたって与えないとか,子どもが堪えられないような恐怖体験を繰り返し繰り返しさせるなどの事件が後を絶ちません。


しかし,本来の 「折檻」 は,そいうい意味合いのものではありません。

中国の前漢の成帝 (せいてい) の時代,朝廷内は,成帝の外戚である王氏一族がわがもの顔に幅をきかせ,また成帝の腰巾着である張禹 (ちょうう) という学者を重用するなどして,官吏や人民の不満は高まる一方でした。

そんな状態を憂いた地方官の朱雲 (しゅうん) は,朝廷にのりこんで,成帝の政治を厳しく批判し,本来のあるべき政治をするようにと強く諫 (いさ) めました。

しかし,朱雲のあまりに激しい批判に成帝は激怒してしまい,役人に命じて,朱雲を宮殿の外へ連れ出させようとしました。

ところが,朱雲は廊下の檻 (てすり) にしがみついて,なおも帝に訴えつづけました。

そして,とうとう檻 (てすり) が折れてしまい,朱雲は宮殿の庭に叩きつけられるように倒れてしまいました。

それを見て,成帝もさすがに朱雲の国を思う熱心さにうたれて,自分の非を認めたということです。

つまり, 「折檻」 の 「檻」 は 〈おり〉 ではなくて 〈てすり〉 だったのです。


要するに, 「折檻」 とは,上の話のように檻 (てすり) が折れるほどに抵抗して, 〈正しい意見を激しく言う〉 〈悪いことを悪いと主張する〉 ことが本来の意味だったのです。

その 〈激しく叱る〉 というニュアンスの部分だけが強調されてきて,現在のように 〈強い立場の者が,弱い立場の者を激しく叱り,残酷な行為にまで及んで苛める〉 ことに意味が変わってしまったということです。


親が子どもを叱ることそれ自体はいけないことではありません。

ただ,何のために叱るのか,そこのところをしっかりと意識しておかないと,叱ることそのものが目的になってしまい,叱る方法がどんどんエスカレートしてしまうのではないかと思います。

−−−−−−

** 《参考図書》 **

記号-番号 については,

《参考図書》 リスト
http://mobility-8074.at.webry.info/201606/article_35.html

を参照してください。

A-01 A-02 A-11 A-51 A-53
B-03 B-03-2 B-04 B-05 B-12 B-13 B-14 B-17 B-17-2 B-20
B-24 B-30 B-64 B-66(4) B-68 B-69
C-01(4) C-12 C-26 C-27 C-51(2) C-62 C-63 C-70
D-18(3) D-33
E-01 E-08
J-03

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
語源 【折檻 (せっかん) 】 ナッシーの語源帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる