語源 【アルバム ・ album】

今の若い人たちにとっては, 「アルバム」 は音楽を収めた 〈CD〉 のようです。

音楽 CD にも 「シングル」 と 「アルバム」 があって, 「シングル」 は 1 曲だけを収めたものです。 (実際にはカップリングと称して,もう 1 曲が収められていたりします)

それに対して,あるテーマに沿って何曲かを 1 枚の CD に収めたものを 「アルバム」 といっています。

72 歳の私も,そういった 「音楽 CD アルバム」 というものにも慣れましたが,しかし,やはり 「アルバム」 ということばで第 1 に思い浮かべるのは,あの写真を貼り付ける 「アルバム」 の方です。

写真帳としての 「アルバム」 がだんだんと使われなくなってきたのは,デジカメの普及によって,写真というものがプリントされなくなってきたことの影響でしょう。

そういう私も,最近 20 年ぐらいの写真は,自分のパソコンの中の写真アルバムソフトの中に収録してしまっています。


さて,この 「アルバム」 ということばのもともとの語源は 〈白〉 なのです。

「album」 は, 〈白い〉 を意味するラテン語の 「albus」 から派生した 「album (アルブム) 」 がもとになっています。

その 「アルブム」 は, 〈白色〉 〈白いもの〉 を意味していて,特に 〈石膏でできた掲示板〉 のことを言っていました。

そこから 〈白いページの冊子〉 のようなものへと意味が広がっていって,名簿や切手帳,楽譜帳など,そして 〈写真帳〉 へと,いろいろなものが 「アルバム」 の仲間入りをしてきたわけです。

ですから,写真を貼る 「アルバム」 の台紙は,白色あるいは淡いクリーム色などが基本です。要するに, 〈白っぽい台紙〉 がオーソドックスなアルバムということになります。


なお, 「album」 の 「alb」 が 〈白〉 を意味する語幹です。

生物で,本来は白色でない種のものに,突然変異として白色のものが現れることがあります。 そういう変異種のことを 「アルビノ」 と言います。これも 「albino」 と 「alb-」 が語幹になっています。

また,この 「alb-」 が音便化して 「alp-」 となることもあります。 そうです, 「アルプス山脈」 の 「Alps」 は 「alb」 の変化形です。 つまり 「アルプス山脈」 は 〈雪に覆われた白い山脈〉 ということになります。

------

** 《参考図書》 **

記号-番号 については,

《参考図書》 リスト
http://mobility-8074.at.webry.info/201606/article_35.html

を参照してください。

A-01 A-02 A-91 A-92 A-93
B-03 B-03-2 B-04 B-05 B-20 B-24 B-70 B-81 B-82
B-83 B-91 
C-03 C-86
K-11 K-12 K-32 K-33

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック