語源 【クルミ (胡桃) 】

私は,クルミは積極的に食べたいというほど好きではありませんが,妻が 「健康にいいから」 といって,毎朝,朝食の時のヨーグルトにクルミやピーナッツを何粒も混ぜて食べさせられています。

クルミ.jpg

だいたい,リスは,あんな堅い殻の中に食べられる実があるって,どうして知ったんでしょう。


「クルミ」 の語源にはいくつもの説があります。主だったものを 5 つあげておきます。

1) 中国 (呉) から伝わってきた実ということで 「呉実 (クレミ) 」 → 「クルミ」
2) 堅い殻で実が包まれているので 「包実 (クルムミ) 」 → 「クルミ」
3) 殻が黒っぽいので 「黒実 (クロミ) 」 → 「クルミ」
4) 殻が堅いので 「凝実 (コルミ) 」 → 「クルミ」
5) 襞 (ひだ) があることを,実が屈曲しているとみて 「屈実 (クルミ) 」


「クルミ」 を 「胡桃」 と書きます。

この場合の 「胡」 は,中国からみた異民族を意味します。クルミの原産地はヨーロッパ南部からアジア西部ということですから,シルクロードを経て中国に入ってきたのでしょう。

外国から入ってきた,桃の種に似たものということで 「胡桃」 と書かれたのだと思います。

------

** 《参考図書》 **

記号-番号 については,

《参考図書》 リスト
http://mobility-8074.at.webry.info/201606/article_35.html

を参照してください。

A-01 A-02 A-03 A-101
B-01 B-02 B-04 B-05 B-12 B-16 B-18 B-51 B-52 B-69
B-70
C-03 C-39(3) C-76 C-85
D-22 D-29
J-01 J-06 J-11 J-12
X-07

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント