《ア・ラ・カルト》 偏食

「偏食」 , 要するに食べ物の好き嫌いがあることです。 といっても,多少の好き嫌いは誰にでもあることです。 私の妻は,何でも食べますが,ニンニクだけはダメです。まあ,私もニンニクは大っ嫌いですから,助かってますけど。 納豆が嫌いという人もけっこういるのではないでしょうか。でも,納豆以外は何でも食べられるのでしたら,その…
コメント:0

続きを読むread more

《ア・ラ・カルト》 「漢字カード」 で頭の老化防止

小学校の何年生の時かは憶えていませんが, 4 年か 5 年か 6 年のどこかだったと思います。ということは,昭和 20 年代の終わり頃のことです。 何かの授業で,日本人の寿命がどんどん伸びているという話の流れで,先生が 「君たちは何歳まで生きたい?」 と聞いてきました。何人かが 「はい」 「はい」 「はい」 と手を上げて, 「70…
コメント:0

続きを読むread more

語源 【坊や / 坊ちゃん / 坊主】

よその家の男の子を言う言い方に, 「坊や」 「坊ちゃん」 ということばがあります。しかし,これらのことばのおおもとは 「坊主」 でした。 江戸時代,子どもは髪を剃ると,髪が濃くなるといわれていて,特に男の子は少し髪が伸びてくるとすぐに剃られていました。 それが,僧侶の頭を連想させるので, 「坊主」 と言われていました。 …
コメント:0

続きを読むread more

語源 【そこそこに】

A) お前さあ・・・,ちょっと飲み過ぎだと思うよ。もう若くはないんだし,体のためにもそこそこにしておいた方がいいと思うよ。 B) 急な出張で,どうしても今夜中に福岡に行っておかなきゃならないので,やりかけの仕事もそこそこに,羽田へ向かった。 C) オレだって,そこそこ頑張ったんだけどなあ。でも,やっぱりアイツにはかなわないわ…
コメント:0

続きを読むread more

語源 【バイキング料理】

極端なぼとの偏食家の私にとって,旅館に泊まってこまるのは,そこで出される料理のほんんどが食べられないことです。 だいたい,旅館の夕食の料理って,なんであんなにたくさんのものが出てくるのでしょう。どう考えても食べきれない量です。 一度なんか,一泊 13,000 円で泊まった旅館の夕食で,とうとうご飯と,メイン料理の添え物の千切…
コメント:0

続きを読むread more

語源 【いけ好かない / いけ図々しい / いけしゃあしゃあ】

これらの 3 つのことばに共通しているのは,語頭の 「いけ」 です。 いずれも,すぐ後に続く,相手に対する非難や嫌悪の気もちをさらに強めています。 「いけ」 はそういうはたらきをする接頭語です。 その 〈不快な感情を強調する〉 「いけ」 については,動詞 「生ける」 から来ているとする説がありますが,その 「生ける」 が…
コメント:0

続きを読むread more

語源 【くつろぐ】

ことばの意味なんてものは,学校の授業で教えられたり,自分で辞典で調べたりして知ることよりも,特に誰かから教えられなくても,子どもの頃からの日常の生活の中で,経験的にいつの間にか知っていくことの方がはるかに多いものです。 この 「くつろぐ」 もそういったことばの一つでしょう。 私も,小学生の頃,親戚の家に行ったり,友だちの…
コメント:0

続きを読むread more

語源 【ちょうど / ちゃんと】

「ちょうど」 と 「ちゃんと」 は同源の語である,ということは,下にあげた参考図書のどれもが言っています。しかし,どちらの語が先にあって,どちらの語がそれから派生したのかについては,参考図書によってまちまちです。 しかし,どちらが先にしても, 「ちょうど」 の 「ちょう」 も, 「ちゃんと」 の 「ちゃん」 も 〈物と物とが激…
コメント:0

続きを読むread more

語源 【輪をかける】

何か分からないことがあったら,辞典や本で調べる,あるいはネットなどで調べるというのは,まあ,一つの解決方法ではあります。 しかし,本に書いてあること,ネットで調べたことが必ず正しいとはかぎりません。 また,せっかく調べても,そこに書いてあることが,説明が十分でなかったり,説明の文章が下手なので,結局よく分からなかったというの…
コメント:0

続きを読むread more

語源 【目にあまる】

岩田さんちのドラ息子にも困ったもんだ。中学の時からいろいろ問題を起こしていたけど,高校生になってますますひどくなってきて,同級生をかつあげして,金を奪ったり,それを先生に告げ口した生徒をボコボコに痛めつけたり,女子生徒に猥褻なことをしたりなど,目にあまる行いが目立ってきた。 このように使われる 「目にあまる」 は 〈見ていられ…
コメント:0

続きを読むread more