語源 【てきめん (覿面) 】

A) 久保田さんは,ボウリングでマイボールをもつようになって,週に 2 回ボウリング場に通って励んできたが, Ave. 160 の壁をなかなか超えられなかった。そこで,ボウリング場の専属プロから週 1 回の個人レッスンを受けることにした。そのレッスンの効果はてきめんで, 4 カ月後には,何と Ave. 180 台にまで上達していた。

B) 荻野さんは小学校の教員をしていて,それなりに毎日体を動かしていたのに,定年退職して,ほとんど外に出ることもしなくなり,一日中テレビを見てばかりの毎日になってしまった。そんな怠惰な生活の報いがてきめんに現れて,退職後の 2 年間で,体重が 15 キロも増えてしまい,健康診断で,医者から 「このままだと間違いなく糖尿病になってしまう」 と言われてしまった。


上の A) や B) のように,何かを行った効果や,場合によっては何かを怠った報いが,直ちに結果として表れることを 「・・・・・がてきめんに現れる」 と言うことがあります。


「てきめん」 は漢字で書くと 「覿面」 です。 画像

「覿」 は, 〈人と会う,人を見る〉 ことで,特に 「覿面」 と言った場合は 〈目上の人にお目にかかる〉 ことを意味する漢語でした。

そこから意味が発展して, 〈目の前で,すぐにある事態が起こる〉 ことを意味するようにもなり,さらに 〈何かに基づく結果がすぐに現れる〉 という意味ももつようになりました。

その結果が,いい場合にも,悪い場合にも使われます。上の A) はいい結果になった例で, B) は悪い結果が現れた例です。

A) の場合の 4 カ月後や, B) の場合の 2 年後が, 〈すぐに〉 〈直ちに〉 といえるかどうか,疑問に思われるかもしれませんが,ボウリングの Ave. の上がり方からすれば, 4 カ月は驚きの速さです。体重 15 キロ増の 2 年間というのも驚きの速さでしょうね。


私が経験した,もっと本当に直ちに効果があったてきめんの出来事がありました。

私が現在すんでいる埼玉県川越市の自宅は,国道 16 号から 15 m ほど入った高台なのですが,その 15 m がものすごい急勾配で,自転車の 3 段ギアを一番軽くしても,登るのは無理でした。

半年ほど前,それまで使っていた自転車がもう相当古かったので,新しい自転車に買い替えるにあたって,電動アシストの自転車を買ってみました。

その電動アシストの効果は覿面で, 70 台半ばの私の脚力でも,一気にその坂を登り切ることができました。

------

** 《参考図書》 **

記号-番号 については,

《参考図書》 リスト
http://mobility-8074.at.webry.info/201606/article_35.html

を参照してください。

A-01 A-02 A-03 A-11
B-03-2 B-05 B-12 B-33(5) B-62(2) B-66(2) B-69
C-01(3) C-78
D-15

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック