語源 【芝居】

現代では, 「芝居」 といえば,歌舞伎などの芸能としての演劇のことを言います。まあ,歌舞伎ほどの高級な演劇でなくても,全国あちこちを渡り歩く旅芸人が演じるものも,また小学生などが学芸会で演じる劇も 「芝居」 には違いありません。
(ん? 学芸会なんて,今でもある?)


しかし,この 「芝居」 ということばは,鎌倉時代あたりまでは,単純に 〈芝生や草が生えているところ〉 というぐらいの意味でした。

そこから少し意味が広がり,そういう 〈芝生のようなところに座ること〉 や,特に 〈屋外での酒宴のために芝生の上に座る〉 ことも言うようになりました。


室町時代になって,猿楽や田楽などの芸能の興行が寺社の境内など屋外でも行われるようになりました。

その際に,舞台から少し離れたところに見物用の桟敷席が設けられましたが,ここは貴族や武士などの貴人のために確保された席でした。

一般庶民の見物席は,舞台とその桟敷席の間の柵で囲まれたところが用意されましたが,そこはただ芝生の上に直接に座り込むだけの席でした。その庶民用の見物席のことを 〈芝生に居る〉 という程度の意味で 「芝居」 というようになりました。


ですから,室町時代までは, 「芝居」 ということばには,まだ演劇そのものの意味はなかったわけです。ただ単に, 〈芝生にじかに座って芸能を見物する場所〉 の意味でしかなかったわけです。


それが,江戸時代に入って,歌舞伎に対する演劇としての評価が高まり,歌舞伎専用の演劇場が整備されるにつれて, 「芝居」 ということばは,舞台と見物席を含む,演劇場全体のことを言うようになりました。

さらに時代が進むと,今度は,舞台の上で演じられる芸能行為そのものを 「芝居」 と言うようになってきました。


つまり, 「芝居」 ということばは, 〈ただ,芝生の上に座ること〉 → 〈屋外で芸能を見物するための安価な芝生席〉 → 〈演劇場全体〉 → 〈舞台で演じられる芸能〉 というように,時代の流れにしたがって意味が変化してきました。


まあ,ねえ・・・・,現代の政界では,首相や大臣の座をめぐって,あるいは重要ポストについている人の失言の後始末などで,安っぽい猿芝居や茶番劇なんかが絶えず展開されていて,それはそれで,私みたいに無責任な見物者にとっては面白いですけど・・・・・。

------

** 《参考図書》 **

記号-番号 については,

《参考図書》 リスト
http://mobility-8074.at.webry.info/201606/article_35.html

を参照してください。

A-01 A-02 A-03 A-11 A-101
B-01 B-03 B-03-2 B-04 B-05 B-12 B-17 B-17-2 B-19
B-33(4)  B-41
C-04 C-12 C-22 C-25 C-27 C-33(4) C-47 C-67 C-77
J-13
O-23

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック